« 2014年 フランスの旅 アルザスのパティスリー | Accueil | 2014年 フランスの旅 アルザスワイン街道(1) »

mardi 30 décembre 2014

2014年 フランスの旅 アルザスの料理

Photo.Photo_9
.

.

.

.

.
 次の訪問地はコルマール。駅もこじんまりとしている。

 ホテルが駅の目の前だったので、迷うことなくスムーズにチェック・イン。ホテルはここで泊まった、グラン・トテル・ブリストルが一番よかったな。気持ちいいテラスまで付いていたしね。

ストラスブールからコルマールまでの間に、セレスタという町があって、人文学図書館がある。途中下車して訪ねてみたかったのだけれども、大荷物のため断念したのが心残り。.

.Photo_2 2

.

.

.

.

.
プティット・ヴニーズの風景。ちょっと日本では有り得ない町並み。

.

.Photo_8
ここ、コルマールの町並みは、アニメ「ハウルの動く城」の舞台となったそうで・・・。

この家がそうらしい。

.Photo_10 「首の家」は不気味・・・。魔除けにはなりそう。

.

.

.Photo_3 川のほとりのラ・クルトゥノーにて、アルザスのワインとタルト・フランベを。

.

.

.

.001 Photo_4
.

.

.

. 最近は日本でも知られるようになったタルトフランベは、ぱりっとした薄い生地にフロマージュ・ブラン、玉ねぎ、ベーコンが乗るというシンプルなもの。でもなぜか後ひく味で、ぺろりといけてしまう。

 9月と言えどもまだ7時半くらいまでは十分に明るいので、テラス席で風に吹かれてのんびりするのは気持ちいい。

.Photo_5 次の日は、ガイドさんに案内してもらって、ワイン街道の旅。

 道中のお昼ごはんは、ガイドさんといっしょに、リクヴィルの、ラ・グルヌイユというお店にて。グルヌイユというのは蛙のこと。それだけに、店の中にはたくさんの蛙グッズのコレクションがある。蛙マニアなら行くべき(笑)。

.

.Photo_6 フィッシャーのビールと、

.

.

.

.

.052 シュークルートとどちらにするか悩みに悩んだ末のベッコフ

 おでんと言うか、ポトフにも近いかな。朝、主婦たちがパン屋の釜に鍋を入れてもらって夕方受け取った、というシンプルなとろ火煮込みのようなものなのだけれど、お肉の味がしみ込んだじゃがいもや野菜がとてもおいしい。

 アルザスの人は食いしんぼうで、食べることが大好きな人が多いのだとか。うん、それは、郷土料理のおいしさと、お菓子屋さんの様子を見たらわかる。

 アルザス、いいところだ・・・。

|

« 2014年 フランスの旅 アルザスのパティスリー | Accueil | 2014年 フランスの旅 アルザスワイン街道(1) »

Commentaires

 素敵な写真です。

 アルザスはワインも好きかどうか分かれるところのようですが、このお料理にはぴったりだと思いますね。

 

Rédigé par: 東女 | le jeudi 01 janvier 2015 à 15:00

東女さん,
アルザスの風景は、山もあり、なんとなく親しみやすさを感じます。
ワインはもちろん大好きで、アルザスの品種には目がありません!

Rédigé par: はたこ | le jeudi 01 janvier 2015 à 20:49

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/60893366

Voici les sites qui parlent de 2014年 フランスの旅 アルザスの料理:

« 2014年 フランスの旅 アルザスのパティスリー | Accueil | 2014年 フランスの旅 アルザスワイン街道(1) »