« アスパラガス・ナイト | Accueil | アルザス試飲会 »

vendredi 06 juin 2014

ニュージーランド・ナイト

001 今日は久しぶりに、Tさんといっしょにワイングロッサリーのワイン会に参加。イカリヤ食堂にて。

 「ニュージーランドナイト」と称して、、コヤマ・ワイパラワインズと、ペガサス・ベイの二つのワイパラの作り手のワインが出る。ゲストは、大人気の日本人醸造家、小山竜宇(こやまたかひろ)さん!

 ワインのエチケットはお名前にちなんで、竜が描かれたかっこいいもの。

.011 ご本人もかっこよくて、おもしろい。2年前の試飲会で初めてお目にかかってお話のおもしろさとワインのおいしさに魅かれてリピーターになった。

 今はピノノワールとリースリングを作っておられる小山さん。今後は、シャルドネの栽培と、泡を作ってみたいと思っていると新たな展開を語られた。小山さんの泡、シャルドネももちろん、リースリングの泡をぜひ飲んでみたいなあ・・・。

 わたしに用意されていた席はなんと、小山さんのお隣!ものすごいサプライズだ。緊張しながらも、興味深いお話をたくさん聞かせていただいた。半ばで席チェンジでお隣はまさきこさんに。

.19434_1_expand_2 最初はリースリング。わたしは毎年違う仕上がりになる小山さんのリースリングを楽しみにしている。

 タソック・テラス・ヴィンヤード リースリング 2013

 2013年は秋に雨が多く、貴腐が付いたとのことで、少し甘めな仕上がり。でも重たいわけでもなく、とてもきれい。口当たりのよさに、どんどん進んでしまう危ないワイン(笑)。

 近年のニュージーランドは日本と同じく、こんな年は初めてだというような、イレギュラーな気候が多くなったとか。畑の管理も大変だろう。

.002_2 オマール海老と生ハム、バジルのルーレ トマトのムースとメロンのクーリ添え

 オマールとメロンの甘味と香りが、甘めのリースリングととてもよく合う。オイル香が強くなく、果実の香りが豊かだから、やはり果物と相性がいいみたい。

  次のワインは、ペガサス・ベイ シャルドネ 2010

 ここのワインは初めて飲む。リースリングの後に飲むと、とてもドライに感じるが飲み進めるると違った印象に。ミネラルと酸がしっかりとあって、とても上品。

.008_2 サーモンのコンフィ ソースブールノワゼットと蛤のブルギニヨン

 中の身はしっとりと柔らかな半生。シャルドネともリースリングともよい。

.

.

.009_2 コックオーヴァン 博多地鶏とデュクセルの赤ワイン煮込み

 ソースがとがっていなくてまろやか。

 ワインは再び小山さん。

 ウィリアムス ヴィンヤード ピノ・ノワール 2012

 若いのに、熟成感もある。香りがよくて、柔らかい、素直においしいピノ・ノワールだと思う。色も透明感があってとてもきれい。小山さんは最初、ピノ・ノワールを作りたくてこの仕事を始められたそう。

 いろいろな条件があっても、それを価格に反映させられない、つまり値を上げられないのがニューワールドの悲しさです、と小山さんはおっしゃるが、もはやニュージーランドのワインは、ひとからげの「ニューワールド」からは頭一つ裕に抜けているのではないだろうか。

 ニュージーランドで栽培できないぶどうはあまりなく、たいていの品種が育てられるが、イタリアや、スペインのテンプラニーリョなどの南の国の品種は向かないのだそう。意外にもシラーは大丈夫なのだとか。

 彼の地で最も飲まれているお酒はビール、うさぎが多くて害獣となっているのだが、食べる習慣がないので減らないのといったお話も。

.012_2 鴨のロースト 赤い果実のいソースとビーツのピュレ

 ワインは、再びペガサス・ベイ。

 ベイ マエストロ メルロー マルベック 2009

 赤い果実がメルローとよく響き合うのだね。

 ニュージーランドのメルローなどのボルドー系(?)は初めて飲むけれど、たぶん、ボルドーと言われてもわからないだろうと思った。

 ペガサス・ベイ、ファミリー(4人息子さんがいるらしい)経営で、オーナーは、もともとは神経学の学者さんなのだとか。「変わり者」、と小山さんが・・・(笑)。

.013 ガトーバスク 塩ミルクのジェラート添え

 最後はコーヒーを。

 今はニュージーランドの農閑期。小山さんは高知、徳島、東京、仙台と回られるそうで、大忙し。次回の来日のときにも、お会いできたらいいなあ・・・。

 楽しくて、おいしい夜でした。

 ありがとうございました(^^)!

|

« アスパラガス・ナイト | Accueil | アルザス試飲会 »

Commentaires

ほんとに、ほんとに楽しく、美味しいひとときでしたねlovely

Rédigé par: T | le samedi 07 juin 2014 à 18:40

Tさん,
 あの盛り上がりは、日本語が通じるということ以上に、小山さんのお人柄ですよね。

Rédigé par: はたこ | le samedi 07 juin 2014 à 22:55

そうですね!ワイン作りに対する情熱プラスアルファのお話がいいですよね。コワイ小山だなんて、某TV番組はひどいです!

Rédigé par: T | le samedi 07 juin 2014 à 23:20

 久しぶりの更新に日々うっとり。

 興味深いワインの数々。うらやましいです。

Rédigé par: 東女 | le lundi 09 juin 2014 à 18:58

東女さん,
ごぶさたしておりました。
またお読みいただけてうれしいです。

小山さんのワイン、おすすめです!

Rédigé par: はたこ | le lundi 09 juin 2014 à 21:49

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/59774623

Voici les sites qui parlent de ニュージーランド・ナイト:

« アスパラガス・ナイト | Accueil | アルザス試飲会 »