« 勝手にお礼参り | Accueil | ニュージーランド・ナイト »

dimanche 01 juin 2014

アスパラガス・ナイト

 今まさに旬の、北海道のホワイトアスパラガスを食べに来ませんか?とのうれしいお誘いをいただき、友人のお宅へ。

.Ca6205c7 北海道から直送の立派なアスパラガス。透明感があって、とても新鮮なのがわかる。とても贅沢だ。

 どうやって食べてもおいしそうだけど、さてさて・・・・。

.002_2 かけつけ一杯(笑)。今日は夏みたいな一日だった。よく冷えたシャンパーニュは、アグラパール。初めて飲んだけれど、これ、すごくおいしい!

.

.

.001

 前菜はカプレーゼ。すでに夏の気をはらむ。

.

.

.

.003 アスパラガス第一弾は、直火で焼いて塩・胡椒。オリーブオイル、パルミジャーノ・レッジャーノ。とろんと半熟の目玉焼き乗せ。卵黄がソースになる。すごいなあ。直焼きなのかあ・・・。

 丁寧に丁寧に皮をむいたアスパラガス。しゃきっとしながらも、柔らかく瑞々しく、しっかりと口中で感じる甘味!

 たぶん、缶詰が苦手だったっていうところから、ホワイトアスパラガスに苦手意識を持っている人も多いと思うけれど、これはまったく別物と思っていい。かく言うわたしは缶詰のアスパラも嫌いではないけれども(笑)。

.005 これはぜひ飲んでほしい、と出していただいたのが、ヴァインバックのミュスカ。アルザスの「確か」な生産者のワイン。でもミュスカは飲んだことがない。きりっとした中にはっきりと感じるミュスカの特徴的な香り。初夏から夏にぴったりだ。

.

.

.006 007

.

.

.

  第二弾はパルマの生ハム乗せ。アスパラガスの太さにはばらつきがあって、こんなに太いものからちょっと細めのものまで。でも味はどちらもすばらしい。

.008 第三弾は、パスタで。

 ホワイトアスパラガスと生ハムに、ディチェコのスパゲティ。隠し味に少しの豆乳と、細く糸のようにピーラーでむかれたスパラガスの皮。これがいい仕事してる(笑)。

.

.

.009
さらに ビステッカ

 あさりのワイン蒸しやスペアリブの酢豚などもいただきつつ、2011年のドミニク・ラフォンなど。

 そして・・・

.

.012 錫器でいただいた、風の森 ALPHA。ぐっとくるお酒・・・。

 料理もお酒も、初夏の爽やかな風を感じさせるものばかり。

 わたしがお宅に着いたときには、ご主人がアスパラガスの皮むきに奮闘中。おいしいものの陰には大きな労力あり。まことに水面下の白鳥の動きの如し。

 おいしいものをいつもありがとうございます!とっても楽しい会でした^^!すばらしきアスパラガス・ナイト。

|

« 勝手にお礼参り | Accueil | ニュージーランド・ナイト »

Commentaires

なんてすてきな夏の宵!

Rédigé par: T | le mardi 03 juin 2014 à 19:59

Tさん,
 おいしゅうございました♡

Rédigé par: はたこ | le mardi 03 juin 2014 à 21:58

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/59753159

Voici les sites qui parlent de アスパラガス・ナイト:

« 勝手にお礼参り | Accueil | ニュージーランド・ナイト »