« お彼岸 | Accueil | ル・ピック・アシエット »

mardi 25 mars 2014

名残りの牡丹

007 かもめさんと共に、さんこさん宅を訪ねて、かねてより計画していたさんこさんの慰労会。

 このさんこさんという年若い友は、とても賢く、行き届いた人である。二人の王子の育児も家事も上手に楽しくこなしておられるのだが、それでもやはり疲れることもありましょう。母には休みなんてありませんからね。日々奮闘している人は、たまには慰労されないといけません。

 夕方、お宅を訪ねると。第一王子が、「はたこさ~ん!」と絶叫しながら、こんな花束を持って転げるように走り寄って来られる。異性に花を持って駆け寄って来られるなどという経験はしたこともない。長生きはするもんじゃのう・・・。

 第二王子は姪っ子と2日違いの誕生日。姪っ子よりもの静かでおとなしく、いつも思索にふけっているような哲学的なお顔をされている。時折の笑顔がまたかわいらしい。

.005 メニューはシーズン最終の、名残りの牡丹鍋。もう春だものね。

 猪肉は丹波からの取り寄せで、冷凍保存はしない主義の店の、生のもの。白い脂がきれいだ。ささがきごぼう、大根、金時人参の三種の根菜は牡丹鍋には欠かせない。それから、芹もたっぷり。根もついているものがあればもっとよかったね。

 ビールなどごちそうになりつつ、はふはふといただく。しめはうどん。第二王子はまだおっぱいだけれど、第一王子はけっこう気に入って召し上がって下さったようだった。

.006 食後の甘味は、大野の麩まんじゅうとヨックモックのシガール、さんこさん愛用の、コラソンコーヒー。

 おいしくて楽しくて、慰労しに行ったつもりが逆に慰労されて帰って来ましたとさ。あかんやろそれ!!(笑)。

 さんこさん、かもめさん、ありがとうね~!

|

« お彼岸 | Accueil | ル・ピック・アシエット »

Commentaires

なにからなにまで本当に有難うございました!
すっかり牡丹鍋、そしてはたこさんの料理のファンに!!

来年まで食べられないとおもうた

Rédigé par: さんこ | le mercredi 26 mars 2014 à 14:08

↑途中投稿してしまいました(>_<)

来年まで食べられないと思うとますます恋しいです。

私はお2人を慰労できる技がありませんが、
また懲りずに遊びに来てくださいね。

Rédigé par: さんこ | le mercredi 26 mars 2014 à 14:10

さんこさん,
楽しい会でした~。王子たちとも遊べてすっかりこちらが慰労させていただきましたよ。ほんとにありがとうね!

Rédigé par: はたこ | le mercredi 26 mars 2014 à 19:16

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/59355991

Voici les sites qui parlent de 名残りの牡丹:

« お彼岸 | Accueil | ル・ピック・アシエット »