« 再会の太巻き | Accueil | SUGAR TOOTH »

samedi 22 février 2014

ローストビーフ

 M嬢と二人、油小路御池にできたローストビーフの店 ワタナベにて、イギリス風(?)のディナー。ローストビーフ専門店とは珍しい・・・。

.002 テーブルには鉄板と四角いクロッシェみたいな蓋がおいてある。オーブンで焼くものと思っていたが、どうやらこの鉄板で焼かれるみたい。

 後で触らせてもらったら、蓋も鉄板も重いこと重いこと。これくらいの厚みがないと、火を通しつつ冷ます、ということができないのだそう。鉄板の上の白いものは皮付きのにんにく。

.

.001  これを焼きます、と提示されるお肉のかたまり。赤身がとてもおいしそう。二人分で300グラム。

 お肉はそのままテーブルの脇でスタンバイ。

 まずはグラスの白ワインでスタート。

.

.003 

 アミューズは、白隠元とドライトマトのカクテル

.

.

.

.004
  前菜は数種類の中から好みのものを選ぶ方式。

 わたしはリ・ド・ボーのポワレ 木の子のデュクセル添えを。

 かなり大ぶりなリ・ド・ボー。

 M嬢は鯛のポワレ。

.005 次もグラスで赤を。

 3種類から選べた。ほとんど飲んだこともないし飲む機会もあまりない、カリフォルニアのジンファンデルを飲んでみた。濃くて甘くてヴァニラ香?説明どおりかなり個性的なワインだったが、不思議と牛肉に合わないわけでもない。

 早々にグラスを開けたM嬢、次を注文しようとして、「それを飲まれた後ではどれも難しい・・・」と言われていたのが笑えた。

.006 007

.

.

.

.  お肉は温度計を刺されて、じっくりと40分以上焼かれる。焼き加減はレアでお願いした。焼き上がったお肉が手際よく切り分けられていく様子にわくわく。

.008_2 ローストビーフ

 リゾットクレソン、ほっくり焼けたにんにくに、ホースラディッシュマスタードを添えて。

 色がとてもきれい。いい焼き加減だ。赤身がおいしいお肉はうれしいね。脂ギッシュなお肉がだんだんだめになってくるお年頃ですから(笑)。

.

.009
  好みでグレイヴィーをかけても。

.

.

.

.011  デザートは、バナナのムースグラッセのクレープ包み キャラメルソース。ほんのり温かくてほろ苦いキャラメルがバナナとよく合っておいしい。
.

.

.

.010
  これは壁に据付けられたコーヒーミル。挽きたての豆のコーヒーでしめくくる。

 食が細くて体も細いM嬢が、ボリューミィなディナーを平らげた!

 ほんのり温かいローストビーフ、おいしかったな~(^^)。ごちそうさまでした!

|

« 再会の太巻き | Accueil | SUGAR TOOTH »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/59187851

Voici les sites qui parlent de ローストビーフ:

« 再会の太巻き | Accueil | SUGAR TOOTH »