« STAND OUT ! | Accueil | 陶然亭 »

mardi 10 décembre 2013

てっちり

 不定期開催・Uの会は、忘年会を兼ねて拙宅にて、てっちり。冬のおいしいものは多々あれど、雑炊まで楽しめるのはやはりふぐ。脂に依拠しない強い旨みがあって、こういう魚ってあんまりない。

 今回のふぐは、下関のお店から送ってもらった。彼の地では、「ふぐ」ではなく「ふく」と言うらしいね。白子は明石のお店から。さばいたふくは、6人前(ポン酢・芽葱・もみじおろしつき)で9240円、白子は100g1980円×2、一人3000円の会費で、大人5人大満足の量。安いので、近頃はやりのアレか?と心配したが、味も確かにとらふぐだった(笑)。

 野菜は白菜・椎茸・白ねぎ・ねぎ・壬生菜・お豆腐・葛切り。合うかどうかはわからないけれども、芹も用意してみた。

 白菜と椎茸と柚子は今回もN嬢のご寄贈。白菜は自家製でとっても新鮮でみずみずしい。椎茸がとても立派なものだったので、急遽オリーブオイルをかけて焼いて、前菜にしてみた。柚子と醤油で食す。おいしい!

 最初に利尻昆布、さらにふぐのあら。野菜を入れて煮えてきたらふぐの身を・・・。さらに大きめに切った白子。白子は決して火を入れすぎずに!おいしくておいしくて、どんどん具材がなくなっていく(笑)!

 小さなお客さん(1歳3ヶ月)もふぐが気に入ったようだ。こんな小さいうちから口肥えさせて・・・とやいやい言われながらも食べる食べる(笑)。

 ワインはほぼシャルドネ尽くし。

 *ギ・ラルマンディエ・エクストラブリュット ブラン・ド・ブラン

  これはいきなりよいシャンパーニュ。重厚感あるブラン・ド・ブランだ。

 *ソガ・ペール・エ・フィス オルディネール シャルドネ 2012

 秋の小布施旅行で買ってきた、小布施ワイナリーのワイン。こんなにおいしいのにこんなに安くていいのか?!と、ワイナリーで試飲して思った。新樽発酵。2012年は例年よりも樽香がしっかりついたとか。きっと白子と合うだろうと思ったが、予想は大当たり。白子のクリーミーさと、天国のマリアージュだった。

 *ルイ・カリヨン・エ・フィス ピュリニィ-モンラシェ プルミエ・クリュ レ・ルフェール 2009

 まったく初めて飲む作り手のワインだったけれども、これは自分好みのピュリニィ-モンラシェ。覚えておこうっと。生産量は少ないらしい。

 最後は雑炊を作る。少し昆布だしを足して塩、薄口醤油、湯浅醤油をほんの少し。卵をゆるっと。刻み葱に刻み海苔を少々。H嬢ご寄贈のお漬物と共に、皆できれいに平らげました!小さい人も食べてたな。

 まだまだみんないけそうなので、さらに赤を投下。

 *ベルンハルト・フーバー シュペートブルグンダー ユンゲレーベン 2009

 これはいつ飲んでもおいしい。M嬢ご寄贈のマダム・ヒサダのブリー・ド・モーとロックフォール、干しいちじく、H嬢からの野菜チップスなどをいただきつつゆっくり赤を味わう。小さい人もご機嫌で、いないいないばあ!に爆笑したりしている。読み聞かせのプロ集団がよってたかって絵本片手に相手をするので、小さい人も忙しい。後に聞けば、彼はその夜、夜泣きもせずに朝まで爆睡したそうな。ほんまにかわいい子や・・・。

 最後はD嬢ご寄贈の福砂屋のカステラ、クリスマス仕様のチョコレートとコーヒーでのんびり。

 ああ、楽しかった!Uの会の皆さん、ありがとうございました。

 Tさん、次回はおいでね~(笑)!

|

« STAND OUT ! | Accueil | 陶然亭 »

Commentaires

あ~、もう、たっぷり羨ましがらせていただきましたbearing 次回は参加させていただきますsmile

Rédigé par: T | le jeudi 12 décembre 2013 à 00:07

Tさん,
まあまあ(笑)。
さすがにメールはやめときました~。

Rédigé par: はたこ | le jeudi 12 décembre 2013 à 07:09

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/58739279

Voici les sites qui parlent de てっちり:

« STAND OUT ! | Accueil | 陶然亭 »