« レジョンでごはん | Accueil | 2013から2014へ »

mardi 31 décembre 2013

大つごもり

Ca99y1e8
 大掃除もお正月の準備もいつもよりずっと早めに終えて、今年は伏見稲荷の、大祓式に行ってきた。

 年の前半6ヵ月の穢れを6月30日の夏越しの祓えで祓って、後半6ヵ月の穢れを12月31日の大祓えで祓う、と。

 この一年を神さんに感謝すると共に、御祓いをしてもらって、清々しい気持ちで新年を迎えるためのおまつり。

 参加する人全員に、紙に包まれた「きりぬさ」というものが配られる。これは小さく切った麻と白い紙でできている。神職の大祓えの詞の後に神職も巫女さんも、皆で一斉に、きりぬさを自分の体にかけて穢れを祓う。言わば、自分自身の大掃除のようなものだ。わたしは巫女さんの隣で、思わず萌えっっとなりながら御祓いを(笑)。

.Caqdykhz_3 奥の社へと続く、千本鳥居は、鏡の中のラビリンスのよう・・・。

 観光客も多かったのに、こんな状態で写真が撮れることも珍しい。来年の一番祈祷は、午前零時からだそうで、早くも受付を済ませている人もいた。

 ともあれ、昨年のような大きな悲しみに遭うこともなく、おかげさまで、今年は無事に年が越せそうだ。

 今年も何人の人にお世話になっただろう。家族、親類、得難い友だち、職場の人々、先生、いつものお店のスタッフの方、そしてこの拙い文章を楽しみに読んで下さる皆さん。数え上げれば切りがない。心からのお礼を申し上げたい。

 「有り難い」という言葉の本来的な意味の認識と、感謝の心を忘れれば、人はどこにあっても不平不満や文句ばかりを言うようになり、存在自体がが周りの人に災いを為す悪霊そのものになってしまう。自分は決してそうはならないよう来年も心したいと思う。

 次にお稲荷さんに来るのは、初午になるかな。そのときには、お山をしよう。

.Cagvvenb 参道で、たい焼きの虐待と噂の露店を発見し、つい買ってしまう。う~ん。やっぱり怖い・・・。

 パフェと銘打ちながらも予想外にアイスクリームは入っておらず、さりとてあんこも入っておらず、大きなおなかには、クリームパンのクリームとコーンフレークが、鯛の子のように入っておりました。

  帰宅しておふろに入り、クリスマスからの残りのシャンパーニュ、エリックロデズを飲む。ガスも抜けていなくて、まだまだおいしかった。

 お供は、今年もレジョンのおせち。ワインのあてたる、ココットに入れたフランス料理がぎっしりとバスケットに入っているのだ。ゆっくり楽しもうっと。

.Cacoh573
 メインはもちろん、年越し蕎麦

 今年も一年、ありがとうございました。

 どなた様も、どうぞよいお年をお迎えください。

.

|

« レジョンでごはん | Accueil | 2013から2014へ »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/58857712

Voici les sites qui parlent de 大つごもり:

« レジョンでごはん | Accueil | 2013から2014へ »