« したたり | Accueil | カプレーゼ »

mardi 19 juillet 2011

料理の発明

 "La découverte d'un mets nouveau fait plus pour le bonheur du genre humain que la découverte d'une étoile. "

 「新しい料理の発見は、新しい星の発見よりも人類の幸せにいっそう貢献する」 par ブリア・サヴァラン

 『味覚の生理学』中のこの言葉は、科学の人はきっと気を悪くするけれども、食べるために生きているわたしにとってはかなりの実感。今回の祇園 さゝ木も、そんな料理の発明がたくさんあった。

 台風で風が強く吹く日、漁はあるのかな?魚はあるのかな?思いながらも、きっとあの大将なら、おいしいものを食べさせてくれるだろうと楽しみにして行く。なんと今日は大将目の前のアリーナ席だ。

 ここはいろいろな厳選されたお酒があるのだが、決まって冷酒しか飲まない。最初のお酒は、青森の白神001

 鱧に梅肉 水茄子 マスカット 青梅のジュレ

 いつもよりも酸っぱさ控えめのほんのり甘めの青梅のジュレ。緑が涼しげで、夏を感じさせる一皿。

.

.002

 時知らず 茄子 スナップえんどう

 大根おろしの入った、温かいスープが張られる。美味!このお店には何度か来ているけれど、こんなお料理は初めてかもしれない。発明かな。

 時知らずは脂が乗っているし、スープがおいしくておいしくて、思わずスプーンをもらう。残すのはあまりにももったいない。

. 003_3 次は、島根の月山。日本酒には珍しく、酸がしっかりあるような?

.

.

.

.

.005  やりいかのお造り

 白くきれいないかの身に、大葉をサンドウィッチ。何が始まるのかとじっと見ていると、すっ、すっ、すっ、と鮮やかに細造りができた!こういうのが見られるのがほんとに楽しい。

 本当によいいかなので、塩で食べる。いかの甘みが際立つ。

.

.006

  お造りは、出たばかりの秋刀魚えてかれいと、定番の大とろのにぎりずし

 えてかれい、上品な白身のおいしいこと!

.

.008

  宮城の浦霞。このお酒はほんとおいしいねぇ・・・。おいしくて東北支援になるのだから最高だ。

.

.

.

.009

  ちょっとしめたあじのにぎりが出て・・・、

.

.

.

.007

  おおお!

 なんてこんもりした函館のむらさきうに!おいしそう・・・。

 これをどうして食べるのかな。

.

.010

  軍艦巻き!うにが大きすぎて、一口で食べるのが難しいほど。うにを初めて食べてみた人はかなりのチャレンジャーだと思うけれど、確かにこの食べ物の発見も、新たな天体の発見に匹敵するな。

 とろ~り、クリーミー。おいしすぎるねん・・・。

.012

 アマダイと冬瓜のお椀

 お椀は花火の図案。夏でもやっぱりお椀物をいただくとほっこりする。

.

.014

  この時期のお楽しみはやはり。川魚好きのうれしい季節だ。

.

.

.015_2 016

.

.

.

.

  première 鮎,  deuxième 鮎。鮎は男か女かしらないけど。香ばしくって身がほくほくで、内臓が苦いところがいい・・・などと書くと即、当たり前やん!みたいな話なのだけれども、一口一口が楽しみな鮎なんて、そうはないのですよ。017

 鮑の柔らか煮 車海老

 鮑が香りがいいなあ・・・。

.

.

018  

 今日はいつにも増してお酒が進む(笑)。醴泉 波紋 純米大吟醸

.

022_2

  もみじ(鶏の足)のスープ トマト 牛肉

 滋味あふれるスープにきりっとしたトマトの酸味。よくよく寝かされた牛肉の香り。こんな取り合わせも発明のような気がする。

 料理と知的所有権、ということはよく考えるけど、料理は著作物ではないんだよねぇ・・・。

.023_2

  ねぎとまぐろをよ~くきざんで・・・。どんな風に食べるのかがとっても楽しみ。

  やっぱり佐々木さん、すごくかっこいいと思う。

.

.025

  手巻き

 うんまいですねぇ!

.

.

.026

  もう一つのごはんは、梅じゃこごはん

 わたしはここのおじゃこ以上においしいおじゃこに出会ったことがない。おじゃこが苦手なわたしが言うのだから間違いない(笑)。

.

.027 

  お代わりは必ずおこげをリクエスト。

.

.

.

.028

ヴァニラ・アイスクリーム サワークリーム 桃 ぶどう メロン

 ふ~。今日もおいしくいただきました。

 おいしいものを作り出せる人は、十分過ぎるほど、人類の幸せに貢献している。

|

« したたり | Accueil | カプレーゼ »

Commentaires

あああ~~~もう見るのがつらくなるくらいおいしそうなお料理。毎回そう思いつつ祇園さ々木シリーズ楽しみにしています。大大大好物のおすしも毎回出るし、今日は手巻きまで、、、。
絶対一度行きたいです!!(敷居高そう、、、)やっぱりチケット手配しよ。
今回登場の浦霞は昨年6月に仕事先で日本酒試飲会を開催したときに来ていただいた蔵元さんのお一つでした。震災で大変だったようですが今年もパリ日本文化会館での試飲会にはいらしていたようです。

Rédigé par: かなだ | le samedi 23 juillet 2011 à 01:18

かなださん,
ぜひぜひ次回の帰国時に合わせて行ってみて下さい。パワフルな料理とパワフルな大将です。楽しいですよ。

震災では、未だに復旧復興できていない小さな蔵や、無くなってしまった蔵もあるのだろうか、と東北のお酒を飲むたびに気になっています。

Rédigé par: はたこ | le samedi 23 juillet 2011 à 20:10

すばらしいですね。
あゆの季節ですね。
こちらのお料理は季節が感じられて素敵ですね。

Rédigé par: ゆうさん | le dimanche 24 juillet 2011 à 07:23

ゆうさん,
 鱧に鮎に鱸に・・・。
 旬のものはよいですね。

Rédigé par: はたこ | le lundi 25 juillet 2011 à 01:18

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/52279490

Voici les sites qui parlent de 料理の発明:

« したたり | Accueil | カプレーゼ »