« ものをつくる | Accueil | 桃かすてら »

samedi 23 octobre 2010

泉湧寺/レジョン

003  JR東海の、「そうだ、京都行こう」の企画で、今年もまた泉湧寺で夜の観月のイベントをするというので、小豆と二人で行ってみた。今年は、内田奈織さんのハープのミニコンサートと、フレンチスパークリングワイン160種以上の試飲があるらしい。まあ、試飲があるから行ったようなものなのだが(笑)。

 「そうだ、京都行こう」のポスターなどでは、この大きな、夜の仏殿の後ろに、美しい月があって・・・という心ひかれる構図であったが、今日の月は朧月。しかしながら、花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは。

 ハープの美しい音色を聞きながら、試食のサラミや生ハムとともに、いろいろな種類の泡を試す。アルザス、ブルゴーニュ、ロワールはもちろん、ジュラやサヴォアや、ローヌなど、ちょっと珍しい産地の泡もたくさんあった。あまり飲んだことのない産地のものを中心に飲む。どうも試飲とは言えない量になってしまっていかんなあ・・・と言いつつ、良いアペリティフになった。

 夜のお寺は、細部がよく見えないので拝観には向かないけれど、適度に明るくもしてあるので、散策にはよい感じ。もちろん、御陵の方を含めれば泉湧寺は広いので、歩けるところはごく一部だけれど。

 昨今では、旅の人の方がよっぽど京都をよく知っているので、京都に住みながら京都を知らない自分らは「えせ京都人」やなあ・・・とか言いつつ笑う。

 ほどよいところで引き上げて(いや、既に出来上がって・笑)向かった先は、レジョン。ぜひ小豆にも紹介したかったから。004

 あ、もう何品かメニューが変わってる。短期間なのにすごいなあ。いっぱいカードを持ったはるシェフなんやろなあ、と思う。

 フレンチスパークリングを飲んだ後なので、ワインはピノ・ノワール。

.

.005

 おつまみの生ハム。かつおぶしっぽい旨みがある。

.

.

.

.006_2

 わたしの前菜は、フランス産 鴨のバロティーヌ 赤ワインヴィネガーのジュレ添え

 巻いた鴨肉の中には、フォアグラの詰め物。甘酸っぱいジュレがさわやかでおいしい。添えてあるのはビーツのサラダ

.

.007

 小豆は、ラクレット じゃがいも添え

 これはほんと、お腹にずんと来るけれど、おいしいよねぇ・・。

.

.

.009  今日はまったく写真のピントが合わなくて残念。

 わたしの主菜は、梅ビーフのテールの赤ワイン煮込み

 こういう料理はほんとに好き。煮込みというのは、フランス料理の真髄というか、コアであるように思う。

 たっぷりかかったソースを一口。おいしい!期待してたとおりの味。柔らかく煮込まれたお肉を、大きな骨から丁寧にはずして食べる。ソースを、ほんのりバター風味のじゃがいもにからめて食べても美味。

 「梅ビーフ」というのは変わった名前だけれど、その由来をシェフが教えてくださった。大阪の南部で、チョーヤの梅酒に使う梅を食べて育った牛なのだとか。牛って、梅も食べるのか~、とびっくり。大阪の南部の食材に強い方がお知り合いにいらっしゃって、他には大阪南部の鴨肉なども使っておられるのだとか。

 ときどきAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)について考えるのだが、どうして日本はもっと厳しくしないのかな。魚沼コシヒカリなどという文字を見るたびに、人に、胡散臭いと思わせるようではいけないのではないかと思う。他県産の「京野菜」とかもあかんでしょ。012

 小豆チョイスは、トリップのカーン風煮込み

 小さなストウブのお鍋で出てくる。シードルで煮込んであるのだそうで、柔らかいトリップそのものの味と、シードルの甘み。これもおいしいなあ・・・。

.

.013 お隣の賑やかなテーブルの方々、楽しそうな女子会だなあ、と思っていたら、お誕生会だったようで、デザートの時間にはろうそくを立てたかわいらしいケーキが登場。お店のマダムも同じお誕生日なのだそうで、お二人でろうそくを吹き消しておられた。めでたし!

 ケーキのおすそわけをいただいたので、ありがたくちょうだいする。

.014

 わたしのデザートは、温かいチョコレートケーキとピスタチオのアイスクリーム。中からとろっと柔らかいチョコレートが流れ出す。アイスクリームは、わ~豆!な、濃い風味。

 小豆は塩キャラメルを乗せたりんごのキャラメリゼ

 コーヒーを頼んでゆっくりとおしゃべり。11時もまわったのでおいとましたけれど、お店はさらに営業される。夜遅くても、しっかりおいしい食事ができるので、磔磔でのライブの後に行くのにもいいなあ、と思う。

|

« ものをつくる | Accueil | 桃かすてら »

Commentaires

泉涌寺、まだ行ったことないんです。
素敵な観月会ですね。

磔磔ライブ後、いつもご飯に困ってオーバカナルで大急ぎでご飯を食べていたので、いいことを教えてもらいました♪ありがとうございます。

土曜日にSCOOBIEDOのライブで磔磔に行くので、早速行ってきます!一人ですけど!

Rédigé par: marumi | le jeudi 28 octobre 2010 à 00:42

marumiさん,
泉湧寺は楊貴妃観音が有名ですが、即成院という塔頭の二十五菩薩の拝観もおすすめします。

ライブ後のごはんってちょっと困りますよねぇ。
レジョン、人気があるので、ぜひ席を確保してから行ってみて下さいませ。
土曜日のライブ、楽しんで下さいね~。

Rédigé par: はたこ | le jeudi 28 octobre 2010 à 07:15

お、泉涌寺。ここの前は何百回(もっとかな…)となく駆け抜けた魔のクロカンコース。私の膝はここでボロボロになったといっても過言ではないので、古傷が疼いて人とは違った感情が沸き起こるお寺です。
それだけ通っているのに一度も中に入ったことがないのです。
ズキズキと痛みを抱えながら拝観してみようかしら(いつぞやのはたこさんのように私もM!?)coldsweats01
そして、お、レジョン。なんだか手の届かないところへ行ってしまわはりそうな勢いですのぉcoldsweats02
はたこさんと伺ったのが最後になってしまってます。
また一緒に行きましょうねwine今度はジャドでsmile

Rédigé par: かもめ | le samedi 30 octobre 2010 à 13:29

かもめさん,
某女子の国における豊国廟みたいなものですな。
泉湧寺も最近は宣伝活動に熱心ですが、即成院と、えっとあと名前をど忘れした塔頭の丈六さんはぜひ拝観なさればよろしいかと。

レジョン、またぜひに。また、懸案のあのお店にもぜひ。

Rédigé par: はたこ | le samedi 30 octobre 2010 à 20:19

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/49830382

Voici les sites qui parlent de 泉湧寺/レジョン:

« ものをつくる | Accueil | 桃かすてら »