« 古典的な | Accueil | 四分の一が四つ »

lundi 09 juin 2008

ビューティ・ジャンキー

9784862380692b_3  『ビューティ・ジャンキー―美と若さを求めて暴走する整形中毒者たち』 アレックス・クチンスキー/著 草鹿佐恵子/訳 バジリコ 2008年

 日曜日には自宅で朝日、月曜日には職場で、毎日・読売・日経・産経・京都と、各紙の書評を読む。もちろんすべての本に興味ひかれるわけではないが、毎週2、3冊はおもしろそうなものが見つかるので、それを読むことになる。この本もそんなふうにして手に取った本だ。

 日本でもかなり普及してきているので、「ボトックス」をご存じの方も多いと思う。これは、死に至る食中毒を引き起こすボツリヌス菌の毒素を顔面の筋肉に注射し、麻痺させて動かなくすることによって、しわを改善するものであるが、かの地、アメリカではこんなものはまさに誰でもやっている「治療」になっている。

 ニューヨーク・タイムズの女性記者が、アメリカの美容整形事情を詳細にレポートし、巧みな文章でその異常とも思える世界に読む者を引き込んでいく、そんなパワーのある本だ。

 しかしそんな彼女自身も、知らず知らずの内にその誘惑にとらわれ、幾つかの施術を受けるのだが、その体験を書いた第十一章「私のビューティ・ジャンキー歴―ドクター・ミシェルに魅せられて」は圧巻。そしてその経験がさらに深い洞察を生み、第十四章「ゲイシャとなった女たち」(この「ゲイシャ」の意味はもう一つ理解できないものの)に結実しているように思われる。

 人はなぜ、しわを伸ばし、顔を引き上げ、しみを消し、脂肪を吸引するのだろう?

 「私たちは皆若い頃に戻って、大人になって手にしたツールを用いて再び人生を送ることができればと願っているのである。」 p.367

 「皮膚はたるむ。骨は折れる。心臓は止まる。そして絶対に元には戻らない。」 p.367

 「絶え間なく精査し、絶え間なく評価し、絶え間なく調整し修復する過程―ノーラ・エフロン言うところの無限の「継ぎ当ての繰り返し」―を経ても、往々にして小さな戦いでは連勝しながら結局戦争には負けるように感じてしまう。」 p.367~p.368 5182g1zzael__sl500_aa240_

『ヘルタースケルター』 岡崎京子/著 祥伝社 2003年

アメリカの美容整形は、行き着くところまで行ったような印象を受ける。かつて岡崎京子が、『ヘルタースケルター』で描いて見せた、ありえないようなことが現実となっているのだ。

 全身の整形手術で、ほとんどサイボーグのようになった主人公、りりこは、トップスターの上り詰めるが、その体は定期的なメンテナンスが必要で、たとえそれを怠らなくても、時間と共に肉体は崩壊して行き、それと同時に精神もまた壊れて行く・・・。

 なんと恐ろしいまんがなのだろう・・・。当時は思った。なんと恐ろしい現実なのだろう・・・、と、今また思う。Sds12760

 『脂肪と言う名の服を着て』 完全版 安野モヨコ/著 祥伝社 2002年

 本の帯には「Diet or Die?」。若くあらねば、美しくあらねば、細くあらねば、というプレッシャーは恐ろしい強さで女を痛めつける。

 美容整形に走らなければ、過激なダイエットに走る。しかしこちらもはまればはまるほど精神を蝕んでいく。病んでいく女の後ろには、既に病んでいる男の影も見え、このまんがも静かに恐ろしい。

|

« 古典的な | Accueil | 四分の一が四つ »

Commentaires

美味しい物=太る と信じているのですが、
美味しければ、それもまたよし。というか、
しょうがない、と日ごろ思っています。
よって、ダイエットは未経験。
そんな私もかつて、恋煩い(古)で11kg減ったことがあります。
辛い思いをしているのに、体重が減るのを見ると
ニンマリしていました(笑)
某漫画家は言いました。
女はどんな状況においても、痩せると嬉しい。というようなことを。
名言。

Rédigé par: かんち | le mardi 10 juin 2008 à 15:43

かんちさん,
*女はどんな状況においても、痩せると嬉しい

確かに名言!
それを言った漫画家は、一条ゆかりのような気がします(笑)。
恋煩いで11キロとは、よほど辛い恋だったのでしょうか・・・。

Rédigé par: はたこ | le mardi 10 juin 2008 à 23:30

『へルタースケルター』は傑作ですね。これを読んで,男性である私はただ戦慄するのみですが,女性の方はまた格別にリアルなものを感じられるのかもしれません。

岡崎京子が描いた世界に10年以上たってから現実の方が追いついてくるとは。。それもまた怖い話ではありますが。

Rédigé par: 椿三十一郎 | le mercredi 11 juin 2008 à 23:31

椿三十一朗さん,
傑作ですね。
『ビューティ・ジャンキー』の著者も経験したことのようですが、一つ手を入れるとハードルが低くなって、次から次へとやってしまうそうです。これもまた、個人だけでなく、社会の病理とも言えなくもないでしょうね・・。

岡崎京子、再活動の見込みがなさそうなのが非常に残念です。

Rédigé par: はたこ | le jeudi 12 juin 2008 à 07:25

整形って女性だけでなくって男性でもはまっている人いますよね。最近日本の演歌歌手の大御所の方も表情のない顔してるから絶対ボトックス注射だと思います。不自然ですね。

あと先日テレビで80年代You Spin Me Round で賑わしたDead or aliveのPete Burns 整形のし過ぎでしかも唇にばい菌が入って肉芽腫になってまた整形のし直し及び手術で今は別人になったってやってましたよ。全然整形する必要のない顔だったのに美を追求するってエスカレ-トしちゃうんですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=CMwdAc1Dzfg

最近の彼はドラッグクイ-ンのようです。
http://jp.youtube.com/watch?v=1OUVDqCrKYE&NR=1

Rédigé par: angel | le vendredi 13 juin 2008 à 20:47

angelさん,
ボトックス、不気味ですよねぇ。ロウ人形みたいになりそうだし・・。
脂肪吸引は禁断の誘惑があるように思いますが・・(笑)。

デッド・オア・アライブの人、そんなことになってるんですか??むちゃくちゃ怖いです。後になって出てくる副作用って多いみたいですよ。

Rédigé par: はたこ | le vendredi 13 juin 2008 à 22:05

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/41486173

Voici les sites qui parlent de ビューティ・ジャンキー:

« 古典的な | Accueil | 四分の一が四つ »