« おしゃべり三きょうだい | Accueil | こぶみかんの香り »

dimanche 15 juin 2008

嘘だ。

      金塊のごとくバタあり冷蔵庫

 わたしの冷蔵庫のチルド室の様子を詠んだ一句。季語は「冷蔵庫」(夏)。

 ・・・と言っても、いかにもほんとらしい(でもバターは備蓄中・笑)のだけれど、それは嘘。この句はNHKのテキスト「きょうの料理」の今月号、「味わう五七五」という連載の第31回で取り上げられていた、吉屋信子の作品。

 いかにも、バター不足の「今」の句のようだけれど、吉屋信子なんだからもちろんそれは違う。冷蔵庫がまだ電気冷蔵庫でもガス冷蔵庫でもなく、氷冷蔵庫だった頃の句だ。

 句を解説するのは、俳人の櫂未知子さんという方。

***この句には、「戦中戦後まだ貴重なりしバターの頃」という但し書きが付いている。黄金色のバターは、食糧不足の時代には文字通り<金塊>同様に貴重なものだっただろう。***

 そして今また、<金塊>同様に貴重なものとなったバター。

 豊かな時代の食糧不足。

 豊かな時代?

 それは嘘。地球の食糧はとっくに足りない。ただ、持つ者は持ち、持たざる者は持っていないだけのこと。

 何たる偏在。何たる不均衡! 

|

« おしゃべり三きょうだい | Accueil | こぶみかんの香り »

Commentaires

その通りですね。

Rédigé par: べるの | le lundi 16 juin 2008 à 09:23

べるのさん,
その通りです・・・。
そういう「豊かさ」を十分すぎるほど享受していながら、そんなことを言うのもいやなんですけど・・・。

Rédigé par: はたこ | le lundi 16 juin 2008 à 09:28

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/41545462

Voici les sites qui parlent de 嘘だ。:

« おしゃべり三きょうだい | Accueil | こぶみかんの香り »