« 春の和歌山(2) 加太へ | Accueil | 桜花図鑑(2) 御衣黄 »

mardi 15 avril 2008

ディアマン

 かもめさんが、今日の夕方、お仕事が終わってから家まで何やら(きっとおいしいものに違いない!)届けてくださる、と言うので、わたしからも何か持って帰っていただこうと、Diamant(ディアマン)を焼いた。020_2

  Diamantは、フランス語で、ダイヤモンドのこと。写真のように、縁に付けたグラニュー糖がきらきらしていることからそんな名前がついたお菓子。生地は、パート・サブレそのものだ。

 今回は、すりおろしたレモンの皮を2個分加えてレモンの香りをつけたので、Diamant au Citron(ディアマン・オ・シトロン)になったけれど、もちろん何も入れなくてもいいし、ヴァニラを入れても、オレンジの皮を入れても、シナモンを入れてもいい。ドライフルーツやナッツなんかも、ちょこっと入れるくらいならたぶん大丈夫。

 017_2 最近のバター不足は深刻で、もはやどこに行っても無塩バターは手に入らないようだ。それゆえ今回は致し方なく加塩バターで作ったが、これに関しては味に問題は出ないようだった。

 配合は、薄力粉300g、バター200g、粉砂糖100g、卵黄1個で、大変覚えやすく、工程も簡単で思い立ったらすぐできるので、皆さんもぜひ作ってみてください。たくさんできるし日持ちもするし、楽しいですよ(笑)。

.018

 かもめさんが「名残の桜です。」と、届けてくださったのは、さくさく工房の、さくらミックスクッキー(桜の花のクッキーと桜の葉のクッキーのミックス)とさくらのパウンドケーキ。わたしが、桜のお菓子が大好きなのを覚えていて、なんと注文までしてくださったということだ。

 実はわたしもここの桜のお菓子はチェック済み。それどころか好きで、自分でも何度か買っているほどなので、とてもうれしい。

 さくさく工房は通常のお菓子屋さんではなく、正しくは京都市紫野障害者授産所さくさく工房、という。ここのお菓子は、おいしくないお菓子屋さんのよりもずっとおいしい。先日、妹のトモちゃんに聞いた話によると、最近のバター不足で、こういった授産施設がもろに影響を受けているということだが、ここは大丈夫なのだろうか。

 ディアマンが焼き上がるのを待ってもらっている間に、しばしおしゃべり。こんなひと時ってなんだかうれしい。

 明日からしばらく、名残の桜が楽しめそうです。ありがとうございました(^^)。

|

« 春の和歌山(2) 加太へ | Accueil | 桜花図鑑(2) 御衣黄 »

Commentaires

はたこさんも桜スイーツ堪能ですね♪
ちなみに アタシんとこは無塩バター今のところ全く問題ないです!
職場でもガンガン注文してるけど届いてるし
業務用のほうはまだしばらく大丈夫そう。

ちなみにあたくしおととい、、、無塩バター0、5ポンドスライスした分を床に落としてしまい、、、ゴミ箱ゆき。
かなりの罰当たりです。

洗って、、、と思いましたがとめられてしまいました。

家では3秒ルール適用でも病院は安全第一です。。。。。。

Rédigé par: さんこ | le mardi 15 avril 2008 à 22:49

こちらこそありがとうございます。

はたこさんのお菓子とおかずまでいただいて、なんて図々しい訪問者なんでしょうcoldsweats01
もし無塩バター見つけたら、はたこさんちに持って行ってまたディアマン作っても~らお~っと(どんだけ図々しいねんっ・笑)

Rédigé par: かもめ | le mardi 15 avril 2008 à 22:53

さんこさん,
見つけたらつい買ってしまう桜スイーツ。近年は種類も増えましたが、おいしくないのも増えましたね(笑)。

無塩バター、まだ業務用はいけますか。それにしても、0.5ポンドなんて、今の家庭用の一箱より多いじゃないですか。わたしなら・・・。そう、洗って、家に持って帰って使う(笑)!

Rédigé par: はたこ | le mercredi 16 avril 2008 à 08:49

かもめさん.
ばたばたいたしまして失礼しました。
今度はゆっくりお越しくださいませ。
無塩バターご持参、歓迎です(笑)!

Rédigé par: はたこ | le mercredi 16 avril 2008 à 08:52

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/40889673

Voici les sites qui parlent de ディアマン:

« 春の和歌山(2) 加太へ | Accueil | 桜花図鑑(2) 御衣黄 »