« 『マリー・アントワネット』 | Accueil | ロケ見物 »

mardi 23 janvier 2007

プティ・ラパン

 映画の後は錦小路のちょっと奥まったところにあるプティ・ラパンでランチ。

 コンソメ仕立てのロールキャベツスープ  柔らかいキャベツに包まれたロールキャベツがごろんと入っている。野菜はブロッコリー、きぬさや、菜の花と一足先の春。

 鯛のポアレ きのこのリゾット添え じゃがいものオムレツ 揚げた子芋  

 ミントジュレと苺 自家製ヨーグルトとジャム 白ごまのブランマンジェ ココアスポンジとフルーツのキャビネットプディング

 コーヒー

 パン(自家製?) バター 丸めてあるのがクラシカル

 以上が平日限定の1800円のランチ。前菜とメインはそれぞれ2種類から選べるし、気軽な感じでボリューム(でんぷん多い?)もあるし、お得かも。

 遅めのランチの後はちょっとした買い物に付き合ってもらう。小さいマニキュア(大きいのだと使い切れないことないですか?)とか。書店に寄ってまんがとBL小説談義など。読みたいと思っていた今市子の『百鬼夜行抄』、M嬢がずっと買っていることがわかって、貸してもらえることに。やった!ありがとう(^^)。高島屋の地下にて、近々あいさつに来る弟彼女にあげるちょっとしたお菓子を買う。しばし迷って、塩芳軒の「千代結」(ちよむすび)に決める。きれいな有平糖で、名前もよし。小姑ですが悪意はないですってことで(笑)。

 2階のカフェ(トゥマロウランドだったか)でお茶を飲みつつ四方山話。M嬢と別れた後再び地下へ。映画であれだけおいしそうなお菓子を見た後だというのにお菓子を買わなかったのは我ながらえらい!夕食のおかずの足しに泉門天のぎょうざを少し買って帰宅。ぱりぱりっとしたおつまみ系のぎょうざである。でもお酒はなし。

 *プティ・ラパン

 京都市中京区錦小路通堺町東入ル中魚屋町484

 TEL 254―3986 月休

|

« 『マリー・アントワネット』 | Accueil | ロケ見物 »

Commentaires

お菓子の話、素敵♪
お気持ち、伝わるといいですね。
こんな素敵な小姑さん(笑)ならいてほしいな。
私も弟2人、内1人は既婚ですが義妹になんにもしてあげられてない。
はたこさんにまたひとついいこと教えてもらいました。

追伸、床きれいになったら食欲わいてきて、3時半頃遅い昼ご飯食べました。肉体労働の後のご飯はおいしくってつい食べすぎ、今ちょっと気持ち悪いです…何やってんだろ★

Rédigé par: かもめ | mercredi 24 janvier 2007 18:14

かもめさん,
体調回復されてよかったです。でもあんまり無理なさらないでくださいね。

彼女が来る日、わたしは仕事で会えないので何かを・・と思ったのです。小姑ってちょっとどきどき(?)じゃないですか(笑)。きょうだいは末永く仲良くしていきたいものですね。

Rédigé par: はたこ | mercredi 24 janvier 2007 21:17

また小ネタ☆プティラパンのサービスさんは友達のだんなさまです(新婚)!会ったことないねんけど・・・

ワタシも彼のお姉ちゃんちの遊びに行くときとか手土産とか気にしてたけど回数が多くなるにしたがって緊張感がなくなってるかも。反省します(笑)

えさえもやさしい小姑さまが欲しい!ひとりっこなんで不可のですが

Rédigé par: えさえ | mercredi 24 janvier 2007 23:09

 はたこさん こんにちは。

 私にも義理の姉がひとりいます。義母に似て性格もあっさりした付き合いやすい方です。(私は義理の関係に恵まれているのです)

 たま~にメールをくれる時には、必ず「いつも両親とうまくやってくれて、ありがとう」と、私を気遣ってくれます。
そんな何気ないことが、一番嬉しいものです。

 夫の友達や夫を見ていて、感じるのは、弟は「お姉ちゃんのだんなさんを良く思えない。嫌いじゃないけど、仲良く出来ない」ってことです(^^)ウチだけかな?

 お姉ちゃんと仲良しであれば、あるほど「お姉ちゃんは、なんであんなんでいいんやっ」って思うのでしょうかね?

 はたこさんの未来のパートナーは、大変でしょうね(^^)

Rédigé par: ごうやん | jeudi 25 janvier 2007 11:36

えさえさん,
サービスの方、物腰柔らかで感じのいい方でしたよ。やっぱり世間は狭いですねぇ。
手土産問題(笑)。やっぱり彼女も悩んでるだろうなあと思うとなんだか気の毒・・・。

Rédigé par: はたこ | jeudi 25 janvier 2007 22:17

ごうやんさん,
示唆に富むお話です。感謝の気持ちを折々に伝えるということが大切なのですね。心掛けなければ・・・。

どうなんでしょうねぇ、弟と義兄の関係って。うちのは「ふうん。」とか興味なさげな反応しかしないですが、そう言えば「話にならんな」という感想をもらしたことがありましたねぇ。やっぱり見てるんでしょうかねぇ・・。結婚、とかになるともっとシビアになるんでしょうか。

Rédigé par: はたこ | jeudi 25 janvier 2007 22:24

ウチの弟達は、ヤツに対して「こんな姉をもらってくれるなんて救世主だっ」てえらく感謝してます。
ボランティアかっ、とかめがねの度がおーてへんかったんやろか、とか言ってたこともあるなぁ~
それってどうなんだ、失礼な弟達だ(笑)

Rédigé par: かもめ | vendredi 26 janvier 2007 00:29

かもめさん,
いやいや、弟ってやつはそれくらい言いますから(笑)。
それも愛情、なんでしょうなあ・・・。
わたしはいつまでも結婚しないので「そういう人」だと思われておりますです。

Rédigé par: はたこ | vendredi 26 janvier 2007 18:10

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack


Voici les sites qui parlent de: プティ・ラパン:

« 『マリー・アントワネット』 | Accueil | ロケ見物 »