« ガラム・マサラ | Accueil | サロン・ド・ショコラ参戦! »

mercredi 31 janvier 2007

結果発表

Photo_283  京都検定1級の結果来た。

 合格まであと16点。くっそ~~~(炎)。

 合格率は13.6%。道は険しい。

|

« ガラム・マサラ | Accueil | サロン・ド・ショコラ参戦! »

Commentaires

惜しいですねぇ。はたこさんにしてからが。

Rédigé par: べるの | mercredi 31 janvier 2007 20:15

 一級は記述式が難しいし、漢字で正解しなければならないそうですね。あと16点というのはすごいことではないでしょうか?
 京都産業大学では「1級合格者」という学芸員の求職があったと聞きました。

Rédigé par: 東女 | mercredi 31 janvier 2007 20:20

合格じゃなくっても 本当にすごい~
1級受けるのってことだけで すごいですもんっ。

アタシなら京都検定10級でも多分無理ですよ(笑)

でも 絶対また受けて 合格してくださいね。
そんなはたこさんを自慢して歩きます、アタシ☆

Rédigé par: さんこ | mercredi 31 janvier 2007 20:28

勉強不足ですみません。
京都検定って何ですか???
教えてくださいませ。

Rédigé par: angel | mercredi 31 janvier 2007 21:56

今日はすみませんでした。

結果、惜しかったですね。
やけチョコにならないようにお祈り申し上げます。

でもほんまに惜しっっ、来年は合格間違いないでしょう☆

Rédigé par: かもめ | mercredi 31 janvier 2007 23:34

べるのさん、東女さん、さんこさん、angelさん、かもめさん、

衝動的にアップした記事にたくさんのコメントをいただきまして、ありがとうございます。お見苦しい記事に、討ち死にの報告、お恥ずかしい限りです(^^;。
 
 敗因はまさにその漢字が書けなかったことが大きいです(泣)。もともと寺社めぐりや美術めぐりは大好きなので楽しみながら勉強し、今年も受けたいなあとは思っているのですが、試験は試験であるのである程度の直前の「受験勉強」も必要なわけで、わたしは学生ではないのでそういった受験のための環境が今年も整うかどうか・・・。
とはいうものの、受験するなら次回はよい結果が報告できるようにしたいと思います。

 京都検定というのは、今各地ではやりのご当地検定の先駆けとなった、商工会議所主催の検定です。難易度によって1級・2級・3級とありまして、京都に関する細々とした問題が出題されます。3級がマークシート式で6割の得点で合格、2級もマークシート式で7割の得点で合格。1級の受験資格は2級合格者のみで、記述式と論述式で出題され、8割の得点で合格します。

 「商工会議所もうまいこと考えたなあ」とか「(どうでも)よろしなあ」というのが多くの京都人の反応であるとも思われますが、観光業や、わたしのような職業に携わる者にとってはそれなりに意義のある資格であると言えます。合格すれば給料が上がるという会社もあると聞きます。
 また実用とは関係なく、まったく趣味として勉強し、受験する人はわりと多いようです。たしかにお寺に行くにしても知識があったほうが断然おもしろいと思う方も多いのでしょう。わたしは実用もありますが、「おもしろそうだから」という理由の方が大きいです。

 今年も楽しくいろんなことを覚えたいです。

Rédigé par: はたこ | jeudi 01 février 2007 00:38

う〜〜ん! 残念でしたね!
「瓢鮎図」だけではだめでしたか・・・。
師匠として反省します。(笑)
はたこさんに刺激されて、あの後京都検定の問題を見ましたが、なかなか骨のある問題ですね。
挑戦するのは良い事だと思いますよ。
また来年がんばってください。
協力しますよ。(たよりないですけれども)

Rédigé par: 好日 | jeudi 01 février 2007 02:02

好日さん,
申し訳ありませぬ。不肖の弟子は落ちました・・・。
なんせ「まんしゅいん」が書けなかった体たらくでございます。また受験できたらいいな、と思っております。やはり「知って」見聞するほうが断然おもしろいですから・・・。よろしくお願いいたします。

Rédigé par: はたこ | jeudi 01 février 2007 09:41

こんにちは。 
 京都検定は逃げていかないから、気を取り直して、再チャレンジしてください。
 1級なんだから、簡単に受かったら、有り難味がないじゃあないですか!

 実はわたくし、10年ほど前、とある資格の1級に受かったときは、実に7回も受けたんですよ。落ちるほうが多い試験だったので、「あ、あのおじさん前回も見かけたな」なんてこともありました。(笑)
 
 脱線しましたが、小学生には、ジュニア京都検定というものがあり、稲盛財団より、立派な本を頂いて来ました。(これはとても判りやすく書いてあり、大人が読むと面白いです)
 
 授業で模擬試験も行われ、勉強嫌いの馬鹿息子は、半分も答えられなかったようです。

Rédigé par: ごうやん | jeudi 01 février 2007 11:17

ごうやんさん,
そうですよね。簡単に受かるとありがたみがないですよね。貧乏性のわたしですから、今年も勉強を楽しみます。

ジュニア検定も始まりましたね。学校で全員受けさせるのはどうかなんて論議もありましたけど、自分の住む街のことを勉強するんだからいいんじゃないのかなあ、なんて思います。

Rédigé par: はたこ | jeudi 01 février 2007 23:28

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 結果発表:

« ガラム・マサラ | Accueil | サロン・ド・ショコラ参戦! »