« 感謝を込めて | Accueil | 初詣はやはり »

lundi 01 janvier 2007

一年の計は、と言うけれど

  あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m。

 新たな年の一日目も過ぎようとしている。終わってみれば、数年ぶりのしんどい元旦となった。祖母は予定を早め、夕食前に帰院。ここ2年ほどは調子もよくとても穏やかに一緒にお正月を過ごせていたのでちょっと油断していた。恐らくは来年のお正月の帰宅は無理と思われる。誰しも寄る年波には勝てないのだから仕方あるまい。いいのだ。どこで生活をしていようとも生きていてくれれば会いに行けるのだから。お正月の御馳走を持って、元旦から訪ねればよい。

 夕食は一緒に食べられなかったけれど、お祝いの食卓はいつものように一緒に囲むことができたのでよかった。071 072

 今年のおせちは宝塚ホテルのもの。

 一の重

 車海老芝煮 鰆西京焼き 紅白花餅 鶴筍 数の子 若鶏八幡巻き 黒豆松葉 花蓮根 平目きずし巻き 鈴くわい いくら醤油漬け 子持ちししゃも 網笠柚子 梅あんず 唐墨 杉板万葉 柚子伊達巻 千社唐 お多福豆 市松大根 わかさぎ蓮根 花百合根

 二の重

 特製テリーヌ 鮮魚のムース錦巻き 手長海老と魚介類のマリネ ミートローフブリオッシュ包み 荒挽きソーセージのパイ包み 若鶏のガランチン 清浄豚肉の詰め物 ローストビーフ 地鶏の柚子風味 手毬サーモンチーズ巻き フォアグラのムース

 本年初飲みは、Photo_254

 ガティノワ ロゼ グラン・クリュ

 美しく、うきうきするような色合い。味は酸味が強くて、通常のガティノワとはまったく違った印象なのが不思議。温度が上がっても、さほど甘みは出ず。こちらのほうが色に反してすっきりひきしまった感じ。通常のガティノワは大好きなシャンパーニュなのだけれど、あの口腔から鼻腔に膨らむような果実味をロゼにはあまり感じることができなかったので、わたしは通常のものの方が好みかな。

 祖母が帰ってしまったことを残念に思いながらも、夜は、てっさ、お刺身、お重詰めにはまぐりのお吸い物など定番で。

 ガティノワの残り(朝よりおいしく感じたのはなぜ?)がグラス2杯だけあったけれど、ふだんは非常に節制しているがもともと酒飲みな家族であるので足りるわけもなく、もう1本開ける。Photo_255

 ドメーヌ・ルフレーヴ ブルゴーニュ・ブラン 2004

 こげ風味。香りはもっと甘いクリームを、味は、まったり系を想像していたのだけれど、それに反してミネラル感が強くてスリムなi印象。意外な感じがした。前に飲んだ、ピュリニー・モンラッシェ・クラヴァイヨン 1998(ドメーヌ・ルフレーブ)を思い描いていたので。

Photo_258   

さんこさんからいただいた、弓削牧場みやげのカマンベールチーズ。お正月が食べ頃のものを選んでくれるなんてとってもありがたい。かもめさんとこで得た情報のとおり、2時間室温に戻してから食す。かびの香りは強いものの、固く締まってミルクっぽいやさしい風味。まだまだ若いのか、フレッシュ感のあるタイプのものなのか。半分はもう少し置いておいてみよう。さんこさんありがとう(^^)。

 そしてもう一つ忘れてはならないのが、年末に豆さんからいただいた、三番屋竹の子山椒煮。細かく刻んだ竹の子とぴりっとした山椒の実や少しのちりめんじゃことともに煮込んだもの。山椒の香りとよく染み込んだ味と竹の子の歯ごたえがとってもおいしい。予約でしか買えない、地元の逸品なのだそう。豆さん、ありがとう(^^)。

 一口食べて、何の気なしにワインを飲むと・・・。!!合う!!。どうもこのワインのこげ風味が合うようだ。父・弟はごはんに合うと言って、大さじですくってぱくぱく食べるものだから、一気に半箱なくなる。遠慮を知らない家族、恐るべし。

 始まったばかりの一年、大きな不幸に遭遇することなく、来年の元旦の一日も終わる今くらいの頃に、すべて世はこともなし、と微笑んでいられますように。皆さんもきっとそうでありますように・・・。

|

« 感謝を込めて | Accueil | 初詣はやはり »

Commentaires

あけましておめでとうございます。
はたこさんの悪知恵?通り ツジさんにおせちいろいろ
つめてもらっちゃいました。
ラッキ~♪

宝塚ホテルのもの、
ホント ワイン好きさんには いいですね。
和も洋もってとこが魅力的!!

チーズ 喜んでもらえてよかった~

Rédigé par: 大王 | lundi 01 janvier 2007 23:30

明けましておめでとう御座います。
今年も宜しくお願い致します。

宝塚ホテルの御節、内容が濃くて美味しそうですね!

Rédigé par: 丸義 | mardi 02 janvier 2007 08:31

丸義さん,

明けましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします。

おせち料理もきちんと自作できればよいのですが、力不足でございます。

Rédigé par: はたこ | mardi 02 janvier 2007 22:21

大王様,

あけましておめでとうござりまする。
今年もよろしくお願いいたします。

無事おせちゲットしたんですね(笑)。
カマンベールの半分は、真ん中の白い部分がなくなるまでただ今熟成中です。

Rédigé par: はたこ | mardi 02 janvier 2007 22:24

あけましておめでとうございます。

ホテルのお節美味しそう。

めでたいお正月はシャンパンですよね。
「美しく、うきうきするような色合い」←表現が素敵です。

良いなあ~お酒が飲めるご家族で。うちは母は全くだめでなくなった父は好きだけれど弱い。兄もどちらかと言うと好きだけれど弱いの方かな?

今年も宜しくお願いします。
(田舎では携帯でしかアクセス出来ずはたこさんのブログ読めなかったのです。こちらは携帯でも見るの可能ですかね?)

Rédigé par: angel | mercredi 03 janvier 2007 20:52

angelさん,
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

そう、めでたいお正月はシャンパンなのです(^^)!特にレコルタン・マニピュランのものは味わいもそれぞれに個性的で面白く、すっかり泡党になってしまいました。
家族はふだんは節制しているけれど、ほんとは皆酒飲みです。

このブログはどうも携帯では見られないようなのです。見られるようにできるのならしたいと思うのですが、自分で変えられることではないようで・・・。申し訳ありません。

Rédigé par: はたこ | mercredi 03 janvier 2007 22:55

はたこさん、あけましておめでとうございます。
昨年は素敵なはたこさんおブログと出会え、とても
よい一年でした。今年もブログを通し仲良くしてくださいね。

実家で迎えるであろう最後のお正月。
今年こそはおせちのお手伝いをするわ!っと宣言しておきながら、お昼寝をし起きたときには外は真っ暗。結局お重詰めの作業のみとなりました(笑)
母も60歳を過ぎ、少しずつおせちを作るのも億劫に
なってきてる模様。
あと何年、母の手作りを食べれるかしら?

今年もはたこさんを始め、ご家族の方が笑顔で
健康にすごせますように・・・。
本年もよろしくお願い致します。

Rédigé par: まりまり | vendredi 05 janvier 2007 09:35

まりまりさん,
明けましておめでとうございます。
まりまりさんのブログを読むにつけ、会社の受付のきれいなお姉さんの図が思い描かれます。
本年もよろしくお願いいたします。

ご結婚間近ということで、今年のお正月は感慨深いものだったでしょう。お母様のおせち、しっかり継承されますように。

幸せなご報告を楽しみにしております(^^)。

Rédigé par: はたこ | samedi 06 janvier 2007 00:41

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 一年の計は、と言うけれど:

« 感謝を込めて | Accueil | 初詣はやはり »