« 身辺雑記 | Accueil | 分類 »

mercredi 25 octobre 2006

奈良(4) 春日大社と東大寺

 お昼ご飯の後は、てくてくと歩いて春日大社へ。一の鳥居から本殿への距離の長いこと長いこと!途中に何組もの遠足や修学旅行の子供がいる。わたしもここに来たことがあったんだっけ??

 神社は拝観料がいらないところが多いけれど、こちらは「特別参拝」500円だった。中が広いのでマップをくれる。ただし、国宝の本殿には入れないので中門・御廊(重要文化財)からの参拝となる。撮影は厳禁。そう、神様を正面から撮影するのは禁忌。それが厳格に守られている。Photo_177大変神威の強い神様だということなので、緊張する。

 これはどこかで見たような風景・・・。奈良のポスターやガイドブックによく登場する春日燈篭だ。ずらりと奥まで吊り下げられた燈篭の廊下は壮観である。年に二回、2月と8月に行われる万燈篭には灯りがともされるらしい。それも迫力ある光景だろうと思う。

 Photo_178

 次に向かったのは東大寺。途中たわむれに鹿煎餅を買ってみるが、買うところから鹿に目を付けられており、買うやいなや襲われ、追いかけられ、背後からお尻を噛まれた。恐ろしい鹿だ。ジビエにしてやろうか(怒)。

 子供の頃の遠足の後で、「大仏さんはとても大きかった。」と作文を書いた覚えがあるが、大きいのはあたりまえ、大きくなければ小仏だ。土曜日のライブの前はすでに参拝ができなくなっていたのだが、今日は夜のライブもないので大丈夫。

 さて大人になってから見る大仏さんはどうか・・・。

 「でか!!」でかすぎ・・・。こんなに大きかったとは!衝撃だ。くるりと回れば、小学生が大仏さんの鼻の穴の大きさと同じサイズに開けられた柱の穴をくぐっている。すごい鼻の穴・・・。

 やっぱり大仏さん、大人になってからも一回見た方がいいと思うな。なんとなく。

 何日か連続で大仏殿前でライブがあるので、土曜日にスカパラが演奏し飛び跳ねていたステージはそのままになっている。ステージから客席になっていた場所を見るととても広くて、ここが人で埋まり、手を振り、跳んでいる風景はさぞかしすごかったことだろうと思う。スカパラのメンバーも気持ちよかっただろうなあ・・・。

 そろそろ日も傾いた。ぶらぶらと歩いて奈良町を通って駅に向かう。奈良町は人の生活の匂いのする古い街並みである。途中、ならまちセンターという建物に、市立の中央図書館があるのを見つけて覗いてみるも、う~ん・・・普通・・・。Photo_179

 おみやげに買った、萬々堂通則ぶと饅頭。春日大社の神饌に起源を持つ、由緒正しき古いお菓子である。以前、人からいただいたのがおいしかったので覚えていた。

 グラニュー糖をまぶした、あんドーナツという感じが一番ぴったりかな。香ばしくてなかなかおいしいもの。

 期せずして二度通うことになった奈良は、京都とはまた違って、新鮮で楽しかった。

|

« 身辺雑記 | Accueil | 分類 »

Commentaires

私も藤の季節に訪れましたが、大仏って大人になって改めてみると、昔見たのと違う感覚で見れたし、何故かほっとするというか、行ってよかたなぁ~っと思いました。
うまく説明できず、すみません(苦笑)

鹿ですが発情期なんでしょうか??
私が訪れた際、鹿せんべいを持っていても
近寄ってこられず、逆に逃げていったのは何故?
ちょっぴりはたこさんが羨ましい・・・。
ジビエなんて・・ちょっと笑ってしまいました。

Rédigé par: まりまり | le mercredi 25 octobre 2006 à 22:04

この時、ということはお会いしたとき既にお尻「かぷっ」とされた後だったんですか?
遅まきながら、そちらもお大事に。

あの柱の穴、数年前に行ったとき、くぐれなくなっていてショックでした。
小学生のときは楽勝だったのにぃ(T T)

Rédigé par: かもめ | le jeudi 26 octobre 2006 à 00:44

まりまりさん,
わたしも、大人になってから訪れた奈良に少なからず感動しました。興福寺も、東大寺もそうですが、京都のお寺にはない大きさというかおおらかさを感じたのです。
大仏さんは、毘盧遮那仏という、存在そのものが大きな仏のようですから、きっと古の人がこめた思いをまりまりさんも感じられたのだと思います。

あの鹿が寄ってこなかったなんて信じられない~!!ほんとに恐かったんですから(>_<)。発情期、なのかなあ。雄は角が切られていましたよ。

言うまでもなく奈良公園の鹿は、ジビエにしてはいけません(笑)。

Rédigé par: はたこ | le jeudi 26 octobre 2006 à 22:28

かもめさん,
恐怖でパニクったわたしに鹿せんべいを丸投げされたH嬢は、歯型がつくまでお尻を噛まれていました。わたしは歯型は大丈夫でしたが、よだれが付きました。もう二度と鹿せんべいは買いません。

あの柱の穴は大人は無理では??大きな外人さんが小学生に混じって並んでいましたが、どうなったことやら・・・。
小学生で、通れない子はいじめの対象になりそうで恐いです。

Rédigé par: はたこ | le jeudi 26 octobre 2006 à 22:34

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/12424824

Voici les sites qui parlent de 奈良(4) 春日大社と東大寺:

« 身辺雑記 | Accueil | 分類 »