« レストランミズノ | Accueil | 膳處漢ぽっちり »

mardi 14 février 2006

盆梅ボンバイエ!!

 京都駅から新快速にゆられて約1時間、長浜へ。ハカセさんと、有名な盆梅展を見に行って来た。盆梅、と言うと反射的に猪木ボンバイエを思い出すのだが、O嬢にそう言うと思い出さへん!!と一喝された。そうかなあ。

 盆梅とは、一言で言うと、大きな鉢植えにされた梅の古木である。大きな梅の盆栽のようなもの、かな?盆栽と同じように、もしかすると盆栽以上に手間ひまがかかっているのかもしれない。bonbai bonnbai1

古木といっても中途半端なものではない。樹齢250年とか400年とか、そのクラスの木である。写真ではわかりづらいが、年老い過ぎて、幹はほぼ空洞と化している。どこから栄養を取っているのだろうと不思議に思う。中には枯れ過ぎて根元を支えてやらないと立っていられない木もある。

それでも花の付いている枝は若々しく瑞々しく、まるで花の精でも宿っているかのようにわんさと花を咲かせているのだ。

 年老いた体にも、命の息吹はあるものなのだなあ・・・。きっとそれは人間にも言えることなのだろう。ちょうど一ヶ月後に95歳の誕生日を迎える祖母にも、花咲く命の力が宿っているのだ。

 会場でお抹茶とお菓子をいただく。赤紫蘇で白あんを巻いた甘いお菓子である。名前は失念。

 長浜はあいにくの雨だったけれど、北国街道などをぶらぶらと散策する。ここにしかない地酒を売る古い造り酒屋の店先に、一杯100円の立ち飲みをやっていたので試してみる。フルーティーな麹の香りのおいしいお酒だった。

 長浜は鴨すきが名物だったようだ。鴨は好物だったのに!事前の調査不足だ。黒壁の街並みとガラス細工の町、もう少し暖かくなったら、湖の方へも出て、そぞろ歩くのもいいかもしれない。

|

« レストランミズノ | Accueil | 膳處漢ぽっちり »

Commentaires

先日は素敵なお店へお連れいただき、ありがとうございました。

数年前、私が長浜に訪れた時には親子丼で有名な店がありました。
(今でも営業しているかは分りませんが)
でも、いつも準備中か休業日で縁がありません。
Uさんに「湖北の光」寿岳章子著を薦められ、
読んでから行ったのを覚えています。

Rédigé par: おしゃべりO | le jeudi 16 février 2006 à 19:32

おしゃべりOさん,
長浜の街並はおっしゃるとおりいい感じでした。もう少しあったかくなったらそぞろ歩いてみたいです。
商店街に、親子丼ではありませんが名物ののっぺいうどんの店がありました。食べたい衝動にかられましたが休みでした。
壽岳章子というのがUさん流の渋い好みでかっこいいですねぇ。

Rédigé par: はたこ | le vendredi 17 février 2006 à 00:22

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/8681235

Voici les sites qui parlent de 盆梅ボンバイエ!!:

« レストランミズノ | Accueil | 膳處漢ぽっちり »