« 三日 | Accueil | 無事終了 »

mercredi 04 janvier 2006

恒例昼食会

 仕事始めの日は、毎年恒例の上司主催(?)の昼食会があり、ひし伊のお弁当を職場で皆でいただく。仕事始めと言っても一昔前みたいなのんびりした気分はなくて、とにかく忙しい(今年は特にかもしれないが)ので、新年の挨拶もそこそこに朝から仕事をかたづけているとあっという間に昼を回り、会が始まったのは1時前。

 配膳したりお吸い物を温めたり、ちょっとした準備が非日常で楽しい。お弁当は、いつも同じ店のをいただくのだが、今年は盛り付けを一新したようで、去年までのとは少し違う。4つの仕切りに、さらにそれぞれ陶器の器が入れられ、そこに料理が入っていた。

 お刺身は赤身のまぐろとひらめえんがわが入っているのがうれしい。てんぷらえび2匹、一匹は湯葉揚げ、ししとう、れんこん、さつまいも。冷めてなかったらなあ、と思うのは贅沢。だって、お弁当だもの、涙が出ちゃう。紅白かまぼこ、いかのうに焼き、半熟うずら卵の巻きもの、焼き魚、八幡巻きだし巻きは定番。もろこの甘露煮は骨までやわらかでおいしい。

 芋棒。京都のお正月という感じ。棒鱈はさすがに柔らかくほろっとして、よく味が染み込ませてある。おいしい柚子風味のソース(?)をかけた紅白なます炊き合わせには湯葉やにんじん、さやえんどう擬製豆腐サーモンとすり身の一口ミルフィーユ(?)、柚子餡の入ったおいしい麩饅頭

 たぶんもっとあったと思う。お弁当らしい多彩な味。わかめとしんじょうのお吸い物に、ごはん、白菜の漬物、塩昆布

 十分にいただいた後は、のんびりしたいところ、できるわけもなく、会議に明日の打ち合わせに各種作業。4時頃休憩。森八本練羊羹とメンバーの北海道みやげの白い恋人トラピスチヌ修道会のホワイトチョコレートでコーヒーを飲む。

 結局年頭から1時間の残業となる。さあ、明日は無事終わるか。

 *ひし伊

  京都市右京区太秦桂ケ原町1

  TEL872-5151 火休

|

« 三日 | Accueil | 無事終了 »

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 恒例昼食会:

« 三日 | Accueil | 無事終了 »