« エル・ジノ | Accueil | 14・14 »

dimanche 18 septembre 2005

東京(番外) レイズン・ウイッチ

 銀座の松屋で、小川軒レイズン・ウイッチの特別販売をやっていたので買ってみる。これはいつぞやかもめさんがおっしゃっていた、鎌倉の小川軒のものではない本当の元祖、東京の小川軒のものかしら・・・と思いつつ。

 家に帰って開けると、ショップカードのようなものが入っていた。そこには確かに「小川軒」と大きく書いてあるが、その下には「株式会社 巴裡」(ぱり?)と書いてある。ううむ。本当にこれがそうなのか??と疑念がわく。

 そこで少しレイズン・ウイッチについて調べてみた。

 小川軒は東京に3軒あるらしい。代官山と新橋と目黒。この内新橋と目黒が同系列(?)で、今回わたしが買ってきたもののようだ。ショップカードの表記によると正しくは「巴裡 小川軒」というらしい。代官山のは同じ小川軒でも系列が違うのか、また別もののようで、ネットで調べたところ、個包装の包み紙も違うし、ショップカードにも書いていない。代官山のが一番おいしいとの意見もあるようだ。どちらの店も発送は一切していないし、買ってから個人的に宅配便などで送るのもご遠慮くださいとも。徹底しているなあ。

 今回のレイズン・ウイッチは、少し大ぶりで生地の表面にはドリュールが塗られ、スライスアーモンドが少し貼り付けてある。クリームはバタークリームではあるようだが、白くて軽め。レーズンはラム酒の効いたのがたくさん挟んである。

 かもめさんのレイズン・ウイッチはどっちなんでしょう?ああ、小川軒の謎・・・などと思って検索し直してみるとやはり同じことを追求している人が複数あり。のれんわけ、ということなのであろうが、それらが今敵対関係にあるのか系列関係(?)にあるのか、そして味は?とやはり謎なのであった。

 *小川軒

 新橋店  東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館

 TEL 03-3571-7500  日・祝休

 目黒店  東京都目黒区目黒本町2-6-14

 TEL 03-3716-7161  日・祝休

|

« エル・ジノ | Accueil | 14・14 »

Commentaires

こんにちは、おめでとうコメントありがとうございます。
いつぞやは知ったかぶりをしてしまい、もうちょっと調べてみました。
元祖と言われる方の息子さん三人が、
上から「代官山・目黒・御茶ノ水」にわかれて小川軒を引き継がれたそうです。
ちなみに鎌倉はご親戚らしいです。
私が食べたのははたこさんと同じものです。
目黒・新橋は同じということです。
お茶の水はオンラインショップを開設されていました。
代官山のを食べてみたいっ☆
で、はたこさんはマルセイとどちらがお好みですか?

Rédigé par: かもめ | le lundi 19 septembre 2005 à 14:38

レファレンスありがとうございます(^^)。親戚まで出て、のれんが分かれているのですねぇ。

そういう疑問、京都でもありません?お肉の村瀬とか、豆餅のふたばとか、とんかつ一番とか(笑)。入り組んでそうでわからない!

わたしはマルセイの方が好みかな。クリームが重くてよいのです。でもレーズンはどちらも同じくらいおいしいし、小川軒のにはぷっくりとした粒揃いのものがふんだんに使われていますね。
ちなみにわたしが初めて食べたレーズンサンドは、子供のころ母が東京出張のおみやげに買ってきてくれた新宿中村屋のものでした。ここのはもう長く食べていないので味は忘れてしまいました。

Rédigé par: はたこ | le lundi 19 septembre 2005 à 21:50

マルセイ美味しいと思ってグルメの父に食べさせたら
「お前が美味いというのは脂や味が濃いものばかりだ、味覚、嗜好が下品!」
図星だから笑うしかなかった。

Rédigé par: きはち | le mardi 24 octobre 2006 à 14:00

きはちさん、ようこそお越しくださいました。
下品好みのマルセイバターサンドですかね(笑)?

Rédigé par: はたこ | le mardi 24 octobre 2006 à 21:46

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/6000601

Voici les sites qui parlent de 東京(番外) レイズン・ウイッチ:

« エル・ジノ | Accueil | 14・14 »