« パティシエ・エス・コヤマ | Accueil | 東京(5) アテスウェイ »

vendredi 23 septembre 2005

オ・タン・ペルデュ

 お彼岸のお中日である。暑さ寒さも彼岸までというけれど、今年は未だに蒸し暑い。弟も家にいるし、わたしもうまく公休日に当たっていたので久々に家族そろって、午前中にお墓参りに行く。お彼岸のマストな行事である。午後からは叔父、叔母がお参りに来てくれてこれも久々にしばしおしゃべり。後、弟と二人で祖母のところへ小山プリンを持って行く。祖母は94歳の子供であるから、小山プリンをいたくお気に召す。このプリンはよく北海道市などで出店している、ふらのデリスのプリンと同じく、小型の牛乳瓶(昔、森永マミーという飲み物が入っていた瓶)に入っていて、専用の柄の長いスプーンがついている。表面には薄いクリームの層ができていて、柔らかくてやはり味が濃い。カラメルの香りがとてもよくて、しっかり甘苦なのがとてもおいしい。

 9月7日にできたばかりの、ベルクールの新店、オ・タン・ペルデュに行く。「失われた時」、というのはなぜ甘美な響きを持っているのだろう。

 このお店、今のところはレストランではなく、トレトゥールである。中には席も数席あるのだが、こちらは年明けくらいのオープンを目指して準備中らしい。サロン オベピーヌとショップカードに書いてあるが、どんな空間になるのだろうか。

 窓に面したショーケースには、ケーキが3種類ほどとお惣菜が10種ほど並んでいる。ドアの右手にはジャムや、北山のメランジェの紅茶など。奥のレジ横のショーケースにはチーズやサラミ、大きな塊の生ハムなど。おいしそうな良い眺めである。

 リエットうさぎのテリーヌ鴨のパテ(テリーヌだったかも)アン・クルートパテほろほろ鳥のパイ包み、と、肉系の似たようなお惣菜ばかりを何点か買ってみる。

 一番気に入ったのはリエット。ねっとりとして、どこか煮豚や焼豚の風味もあって、パンに付けて食べるととてもおいしかった。次においしかったのはうさぎのテリーヌ。ピスタチオ入りだ。ここのパテは丸く形作って網脂で巻いたものを小さなココットに入れて、さらにブイヨンのジュレを流してある。鴨のパテはお肉がごろごろしていて、とりわけ肝味が強い。

 ついでにかごにおいしそうに盛られていたコメルシー風マドレーヌを一つ買って、弟と車の中で半分づつ食べてみる。黄土色の固い生地の、素朴な味だった。

 後は近鉄の地下のドンクでバゲットを、エノテカでワインを買う。ワインはシャトー・グラン・モンテ2003。2004年のフランス農業賞の金賞を取ったものらしい。また適当に買った・・・。たぶんこの「適当に買う」という行為がよくないのだろう、とは常々思ってはいるのだけれど、何がおいしいのかなど、皆目見当がつかなくて、多種多様なワインの洪水の中で選んでいると、西側諸国のデパートに買い物に来たソ連の人みたいに、だんだんと訳がわからなくなってくるのだ。果たして今日のワインは、酸っぱかった。

 *オ・タン・ペルデュ

 京都市左京区岡崎円勝寺町64番地1 パーウハウス京都岡崎有楽荘

 TEL 762-1299 月休

|

« パティシエ・エス・コヤマ | Accueil | 東京(5) アテスウェイ »

Commentaires

オ・タン・ペルデュ すっごく興味アリです。
近いうちにいってみます。

それにしても 今 フランス惣菜 流行ってるんですねえ。
なんか プチメックの入り口にも フランス惣菜屋さんの スタッフ募集のってました。
たしか 円町のほうにopenだったような。

勘違いだったらすみません。。。

Rédigé par: さんこ | le dimanche 25 septembre 2005 à 20:01

ワイン友のおじさまが先日このお店のことをブログに載せていて、行ってみたいと思っていたところ。
さすがはたこさん、情報早くて、フットワーク軽いっ!!
そのおじさまが、味がしっかりしていてパンを買えばよかったと後悔していたので、はたこさんの行動は大正解ですね(きっと)♪
ワインが酸っぱかったのは・・・・・

シェーブル外側の灰のところからとろとろになっていて、変な茶色がところどころにあったので、そこはやめて内側から食べました。中心近辺は水分が抜けてかっちかち、でもなかなか美味でした♪

小山プリン、食べてみたいっ!今日は近鉄でやっとふらのデリスのプリンゲット、実はお初なのです。

Rédigé par: かもめ | le dimanche 25 septembre 2005 à 22:20

さんこさん,
プチメック系フランス惣菜とはなにやら魅力的ですね。円町だったらうれしいかも!
先日プチメックに行ったのですが張り紙には気づきませんでした。今度は注意して見てみます。

Rédigé par: はたこ | le dimanche 25 septembre 2005 à 23:14

かもめさん、
わたしもたぶんそのブログ見ました(^^)。ワイン通でかっこいいなあ、と思いました。酸っぱかったわたしのワインが悲しくなりました・・・。

灰まぶしシェーブル、危機一髪だったのかしら?でも中身はおいしく食べられてよかったですね。
 
今回の北海道展は伊勢丹と近鉄とかぶってますよね。わたしは今のとこどちらも未訪です。

Rédigé par: はたこ | le dimanche 25 septembre 2005 à 23:23

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/6100603

Voici les sites qui parlent de オ・タン・ペルデュ:

« パティシエ・エス・コヤマ | Accueil | 東京(5) アテスウェイ »