« グラスリー〔サン・マンデ〕 | Accueil | パスカル カフェ »

dimanche 10 juillet 2005

ラ・ギャロワーズとラ・プラージュ

 大阪市立中央図書館へ行く。ここの3階の大阪資料室はすごい。大阪の資料は大阪の図書館で探すのがベストである。わたしが言うのも変だが、図書館はありがたい存在であると思う。利用する立場になるとよりそう思う。使い方次第では、自分の必要とする情報がすぐに引き出せて、コピーなどは実費としての費用はかかるものの、利用は基本的に無料である。しかも大阪市民以外にも門戸を開いていて、貸出すらしてくれるのだ。これに慣れると、情報は無料であるのが当たり前に思えるのは逆に少し怖いところかとは思うものの、ありがたいには違いない。

 いつも巡回している二つのブログで取り上げられていたラ・ギャロワーズで昼食を食べる。小さなドアを開けると、カウンター中心の奥行きの深い店だ。少しバーのような雰囲気でもある。毎朝ご主人が農家を回って持ってくるという泉州の野菜と魚が売り物の店だそうだ。泉州は特になじみのない地域で、野菜も水茄子しか知らないのだけれど・・・。

 2種類のパスタから選ぶパスタのセットは1000円、魚か肉のメインを選ぶセットは1500円、パスタとメインを選ぶコースは2000円。おいしいと聞いていたので欲張って2000円のコースにする。

 前菜盛り合わせ  生ハムのサラダ かぼちゃの冷たいスープ 新玉ねぎのキッシュ

  スープはかくし味にカレー?と思ったのはたぶんクミンだろう。家でもやってみたくなる組み合わせ。キッシュはアパレイユがふんわりしていて、玉ねぎの香りと甘味がおいしい。

 泉南の水茄子入りトマトソースのスパゲッティ

  量はパスタのセットのよりも少し少なめ。火を通しても歯ごたえの残る水茄子がおいしい。トマトソースは少しセロリの香りがするような気がした。穏やかなおいしいソース。

 ポアレミスト  すずき しまあじ さばふぐ しらさえび

 メインはやはり魚を選ぶ。たっぷりの魚の下には、玉ねぎ、新じゃが、アスパラ、にんじんなどいろいろな野菜のソテーがたっぷり添えられていて、これがまたおいしい。魚は表面がかりっと香ばしく焼けていて、どれもおいしい。いろいろな種類があるので、味の違いがよくわかって楽しい。驚いたことに、一皿ごと魚の構成が違ったのだ。他のお客さんのお皿にはまた違う種類の魚が載っている。隣の人の、鮎と鱧はちょっと食べたかったな。

 パン 自家製のごまをまぶしたパンとローズマリーのフォカッチャ

 コーヒー

 デザートはなくてコーヒーが出る。泡立てたミルクが添えられる。食後のコーヒーにはミルクと砂糖はいれないのだけれど、せっかくなのでカフェミストにして飲む。

 なぜかティファニーを思い切り主張している食器。TTTTTTTTがふちにいっぱい(笑)。

 さすがに魚と野菜をうたっている店だと思った。また来てみたい。

 パティスリー・プラージュへ行く。タルトレット・シトロンイヴォワールタルトレット・ショコラ抹茶のポルボロン金柑のマーマレードを購入。

 イートインがなかったので、タルトレット・シトロンとイヴォワールの生菓子二つは、近くのモスバーガーで不法持込(?)をして食べる。

 タルトレット・シトロン アーモンドクリームのタルトレットにレモンクリーム。フランボワーズとホワイトチョコレート

 黄色い表面はつやっとナパージュがかけられ、うっすらと細かな金粉がちらしてあり、美しい。レモンクリームは強い酸味ではないが、甘酸っぱく、とろんとしておいしい。固めに焼き上げられたアーモンドクリームの中にはフランボワーズが焼き込まれ、その上に薄くホワイトチョコレートが塗ってある。タルト生地も固め。

 イヴォワール  コアントロー風味のホワイトチョコレートのムース。苺とリュバーブのジャム、スポンジ

 上には削ったホワイトチョコレートと生のブルーベリーが載り、側面は細かなケーキクラムがつけられている。コアントロー風味と書いてはあったが、ほとんど感じられない。リュバーブの酸味がアクセントになっているが、全体的にはそうインパクトのある味ではない。

 タルトレット・ショコラは明日。抹茶のポルボロン、金柑のマーマレードは明日以降食べる予定。

 なんだかんだで西長堀から心斎橋さらに後に谷町六丁目から梅田までがしがし歩く。おかげで胃もたれなし。

 梅田阪急にて8月2日まで出店しているパスカル・カフェにて5種類のショコラ・デテ(夏のショコラ)を買う。しばらくお菓子には事欠かない。

 歯を酷使したばちがあたったのか夜、歯を磨くと治療中の歯の仮歯がぽろっと取れる。予約もないのにまた明日行かなければ・・・。思い切り鬱になる。

 *ラ・ギャロワーズ

 大阪市西区新町1―23―2 TBビルディング1F

 TEL 06―6532―5603 不定休

 *パティスリー ラ・プラージュ

 大阪市中央区北新町3―7 

 TEL 06―6949―3938 月休

|

« グラスリー〔サン・マンデ〕 | Accueil | パスカル カフェ »

Commentaires

ラ・ギャロワーズは、一度いきたいと思ってたお店です。先日新町で夕食を食べる機会があって、ラ・ギャロワーズか、ル・ジャルダンか迷い連れがフランス料理がいいといったのでいかなかったんです。きっといつもみているプログの一つは。私もいつも見ているプログと同じだと思います。最近美山荘に行かれたかたのプログですよね?
昨日歩かれた距離すごいですよね!京都の町はよく歩きますけれど、方向のわかってない大阪をあるけるなんて尊敬します。

Rédigé par: オペラ座の怪人 | le lundi 11 juillet 2005 à 06:52

わたしも先日オペラ座の怪人さんから教えていただいたル・ジャルダンと迷った上の選択でした。夜も行ってみたいのですが、生活パターンから考えると大阪で夕食というのがあまり機会がなくて。
 ブログ、ピンポ~ン、大正解です!かなり好きです。

Rédigé par: はたこ | le lundi 11 juillet 2005 à 08:26

この間書いたクロ・ド・ミャンは、L'ambrosieとみゅーさんのプログをみて行ってきたのです。
パティスリーラ・プラージュ  今月号の料理王国にでてましたよ!いろどりもきれいでお値段もそんなに高くないんですね!今日召し上がったケーキの味はどうでしたか?

Rédigé par: オペラ座の怪人 | le lundi 11 juillet 2005 à 19:18

 帰りに料理王国、立ち読みしました。買おうかなと思ったけれど、東京情報がほとんどなのでやめました(笑)。

Rédigé par: はたこ | le mardi 12 juillet 2005 à 00:16

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)




TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109079/4915739

Voici les sites qui parlent de ラ・ギャロワーズとラ・プラージュ:

« グラスリー〔サン・マンデ〕 | Accueil | パスカル カフェ »